がん保険

がん保険

がん保険とは、がんの保障に特化した保険。

 

がん保険とは、がんのみを保障の対象としている保険のことです。
給付金の種類はいくつかありますが、いずれも「がん」が原因のときだけ支払われるというところが共通しています。

 

がん保険の給付金

・がん診断時給付金
ガンと診断された時に給付されます。何度でも受け取れる一時金と、保険期間中に一度(初回のみ)しか一時金を受け取れない保険もあります。

 

一時金を受け取ったあと ある程度の期間は要りますが、何度でも受け取れる保険をオススメします。

 

上皮内がん と 悪性がん(悪性新生物)

診断時に、上皮内がん と 悪性がん(悪性新生物)と別れ、会社によっては悪性がんとは区別した給付金が支払われる場合があります。

 

上皮内がんは、「浸潤」がないため、治療を行えば転移や再発の可能性はほとんどないといわれています。

 

悪性がんは基底膜をさらに進んで他の組織に浸潤しているがんのことです。
浸潤」があるため、転移している可能性があり。
転移している可能性の部分も含めて取りきることが必要で、転移している病巣も含め取りきれなかった場合は再発の可能性があります。

 

がん入院給付金

がんの治療のために入院したときに給付されます。
がんは入退院を繰り返すことが多い病気ですので、がん保険では入院給付金の支払限度日数に制限がありません。

 

医療保険では、1回の入院限度日数 と 通算限度日数 により入院給付金の支払日数に制限があります。
(医療保険でも、がん給付金 無制限の保険もあります)

 

医療保険ではカバー出来ない部分をがん保険が、補償しています。

 

がん手術給付金

がんの治療のために手術したときに給付されます。

 

がん治療で手術した場合に支払われる手術給付金は、一回の手術に対し、10万〜20万円の給付金が目安になってます。

 

がん通院給付金

入院短期化と通院増加の傾向

 

最近のがん(悪性新生物)の治療は、入院ではなく通院で行うケースが増えてきていることを、よく耳にされると思います。

 

がん治療が入院治療から通院治療へシフトしている理由としては、
国の医療費削減のひとつで病院側に入院日数の短縮を求めていることもありますが、なにより医療の進歩が大きいです。

 

治療実績を重ねた有効性と安全性、副作用への対策が確立されてきたことで、放射線治療だけでなく抗がん剤治療までが通院でも可能となっています^^

 

死因の88%が病気死亡なんてデータもあります。

 

次に、老衰、不慮の事故、自殺、その他です。

 

一生涯の内でガンと診断される人は、
男性58.0% 女性43.1%と
2人に1人がガンと診断
されています。

 

 

↓保険見直しはコチラです。

 

保険マンモス⇒イラスト図表で保険料を3〜4割安くする”ビジュアル生命保険サイト”情報提供にとどまらず、実績ある全国プロFPの「無料相談」も実施、コスト削減を現実のものに!