養老保険

養老保険(ようろうほけん)とは、生命保険のうち一定の保障期間を定めたもので

 

満期時に死亡保険金と同額の満期保険金が支払われるものをいいます。

 

養老保険の特徴は

養老保険は、満期時に必ず保険金を支払う必要があることから、

 

保険料の額には保障に関する部分の他、満期保険金支払いのための積み立て(貯蓄)部分が含まれる。

 

終身保険や定期保険と比較した場合、保険料は、最も割高になります。

 

 

満期保険金と、死亡保険金が同額という変わった保険ですね。

 

貯蓄が目的なのですが、もし被保険者(保険の目的となる人)が亡くなった場合は、

 

契約成立翌日から目標金額(満期保険金)を死亡保険金として受け取れます。

 

死亡リスクを同時にカバーした保険と考えて良いと思います。

 

払込方法

 

一般に保険料の支払方法には、毎月や毎年といった単位で定期的に払い込む「有期払」と

 

契約時に保険料の全額を払い込む「一時払」とがあります。

 

この保障機能を生かすためには、月払いか、年払いなど分割して保険料を積み立てていく形にする必要があります。

 

一括払い(一時払い)では、保障機能は全く効果がなくなります。

 

この点を理解して検討する必要があります。

 

保険会社は養老保険をあまりPRしない

低金利の世の中で、何年も先の満期金を約束するような商品を積極的にPRする保険会社はあまりありません。

 

今後運用難がさらに続く事態になれば保険会社はさらに負債を増やすことになるからです。

 

加入を考えるのであれば、自ら進んで保険会社に連絡しないと、提案してくれない事もあるかも?

 

↓保険見直しはコチラです。

 

保険マンモス⇒イラスト図表で保険料を3〜4割安くする”ビジュアル生命保険サイト”情報提供にとどまらず、実績ある全国プロFPの「無料相談」も実施、コスト削減を現実のものに!